スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来へ向けて...

2008年06月22日
気づいたらあっと言う間に帰国日、 日本へ戻りました。

梅雨の雨の中、撮ってきた写真を見ながら回想、

ついさっきまでいたはずのバリの光、空気、バイブス、におい、

なんかすごいなつかしい感じです。

今回もいろいろと感じさせてもらった旅、テリまかしバニャバニャ。


そして今思うこと。

20080618_16772.jpg

ここは"コミン"の実家。

コミンママ(手を振ってる人)

が作るナシチャンプルはすぺしゃるーです。 ぜひ

コミンは"BALINAMI.com"というサイトでバリ情報を発信している。

毎日のように波情報もアップしてるから、きっと見てしまうとイキたくなります。

なぜならバリは "いつも波が良い!!! "  からです。

俺は帰国と同時にこのサイトを見てしまい、すぐに戻りたくなってしまいました。

↓ コミン ↓ @ BaliBarrel_phOto U-SKe
20070702_9999_104.jpg



そんな素晴らしい島なはずのこの島で爆弾テロがあったのは

"2002年10月12日"、

ちょうど俺は当時あった

"トランスワールドサーフジャパン"

って雑誌の撮影で

リザール、ペペン、コミン、シェイパーの "YU" さん

と一緒に日本の宮城県辺りにいた。

そう、彼らはあのとき日本にいたんです。

これがそのときのリザール・タンジュン in Japan 2002↓ phOto U-SKe
rizt2002:Japan

 その当時まだ日本になかったHurleyのフルスーツ着。
Riz:Japan2002
rezt2002:Japan:2
rezt2002:Japan:3


翌朝、

コンビニの新聞でテロのことを知った俺たちはすぐにバリへと連絡したのを覚えている。

20080617_16735.jpg


たくさんの人が大きなものを失い、みんなが悲しい気持ちになった。

なんでそんなことをするんだろう、、、。




" 世界のどこでもそんなことは起こってはイケナイ!!! "




" そんなこと考えたくもない "



未来に生きるこれからのキッズたちへ、安心で笑顔いっぱいな世界を見せたい!

20080617_16676.jpg


テロや事件の恐怖ではなく、

"愛と夢にあふれる世界を見せてあげたい!"  って思う。

20080618_16790.jpg


あのとき一緒にいたリザールやペペン、コミンもみんなバリのために、

未来のために、大きな愛と夢を発信し続けている。

20080618_17032.jpg


俺も自分にできること、やってイキタイって思う。






I LOvE BALI!!! PEacE!!!


またイキマす!!!












テリまかし















スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。